その他のアイテム

ウェディングを飾る華やかなブーケ

一般にウェディングフラワーと言うと花嫁が持つブーケのことを指すそうです。結婚式当日、花嫁が入場する時に持つブーケ、お色直し時に持つブーケなど、一口にブーケと言っても違いがあり、それぞれが特徴的な形となっています。このページではブーケのスタイルについてご紹介します。

ブーケスタイルいろいろ

スタイル色々 ブーケの種類

花嫁がブーケを持って入場する姿は結婚式ではお馴染みとなっていますが、なぜ花嫁がブーケを持って入場するのかをご存じでしょうか。ブーケは、ある男性が恋いこがれている女性に対してプロポーズをする際、野原で綺麗な花を摘み束ねたものをプロポーズの言葉と一緒に贈ったことが発祥だと言われており、花嫁がブーケを持って入場するという意味はつまり「プロポーズをOKした」という意味となっているそうです。ロマンチックな話から生まれた花嫁とブーケですが、このブーケにはいくつかのスタイルがあってそれぞれが特徴的なシルエットとなっています。下記に少しだけブーケのスタイルについてご紹介しましょう。

おなじみの形:ラウンドブーケ

一見すると大きな違いがないように見えますが、全体的に丸くふっくらとした円の形に花が広がっている、お馴染みの形となっているブーケはラウンドブーケと呼ばれており、中心に向かって色とりどりに揃った花が綺麗に映るため結婚式で利用されるものではこのタイプが一番多いと思います。正面から見て丁度円の形になっているのがラウンドブーケで、縦の楕円形の形に花があしらわれているのはオーバルブーケと呼ばれます。

両手から下に流れる花:キャスケードブーケ

キャスケードとは丁度階段のように徐々に下に流れていく小さな滝のコトを指し、その意味の通りキャスケードブーケはまず両手に持つ部分が一番華やかに花が集まってボリュームがあり、下へとたれている部分は徐々にボリュームが少なくなっているタイプのブーケです。ラウンドブーケと併せてこちらもよく見かけるのでご存じの方も多いと思います。上部のボリュームをわざと大きくし、大きめの花をあしらうことでブーケとしての存在感が増す、見た目にも綺麗で華やかな目立つブーケと言えるでしょう。

綺麗な三日月型に沿った花:クレッセントブーケ

クレッセントとは三日月を表し、その意味のまま三日月の形に添って花があしらわれたブーケをクレッセントブーケと呼びます。上記二つに比べると優雅で気品のあるシルエットを演出することが可能なブーケです。お色直しの際に持つブーケとして有名で、他のどのブーケよりも特徴的な形となっているのでインパクトもあります。

上記3つ以外にもオーバルブーケやクラッチブーケなどのブーケがあり、それぞれが特徴的なシルエットとなっているので是非一度チェックしてみてください。

ブーケの使用に当たり注意して欲しいのは、どれだけ見た目が綺麗なブーケであっても結婚式場全体の雰囲気や早嫁自身の体格、シルエットにマッチするわけではありません。新郎新婦は結婚式当日特に目を引くことになるた、身につける物のなかで一つでも違和感のあるパーツがあると逆にそれが浮き彫りになってしまうので全体のバランスを考えた小物、ブーケを選ぶ必要があります。

比較的小柄な人に会うラウンドブーケといった具合に、それぞれ似合うシルエットが決まっているので、ブーケそのものの見た目だけでなく花嫁を含めた全体のシルエットで決めて下さい。ブライダル専門の方に聞けばブーケのタイプにピッタリなドレス選びもサポートしてくるかと思いますので、自分で決めきれないときは素直に店員さんに聞いてみましょう。

おすすめWEBサイト 5選

土壌分析なら