体重ベア

結婚・出産にピッタリなウェディングベア

結婚式でみかける熊のぬいぐるみと言えば、受付等で結婚式の案内、結婚する二人からゲストへのメッセージを持つかわいらしいウェディングベアが代表的ですが、結婚式で使うベアにはもう一つ「体重ベア」というものがあります。このページでは結婚式当日、両親へのプレゼントとしてよく利用される体重ベアについてご説明します。

体重ベアを両親にプレゼント

体重ベアの重さは出生児の重さ

結婚式の最後、新郎・新婦から育ててくれた両親に対して贈るベアとなるこの体重ベアは、自分が生まれた時の重さと同じに重さに調整し、体重だけでなく身長や生まれた日付、時間を刺繍します。自分が生まれた時のことを思い出して貰うという意味を込めてこれらの情報を刺繍・調整するのですが、結婚する当日のクライマックス時に会場で「今まで育ててくれてありがとう」という最大の感謝を込めて両親にプレゼントするケースが多いようです。体重ベアは別名ウェイトベアとも呼ばれ、結婚する二人が生れた時と寸分変わらない重さのベアを持って「はじめて我が子を抱いた時の重さ」を思い出して貰い、より感動的なプレゼントとするために考え出されたものです。

結婚式の最後は決まって結婚する二人から両親へのメッセージと互いの両親への花束贈呈となっていますが、この体重ベアをプレゼントすることでより一層の感謝の気持ちを込める、というのも決して悪くはないでしょう。Happy Weddingは結婚式の雰囲気等を演出するものですが、体重ベアはまさにウェディングのクライマックスを最高に演出してくれる道具となります。

体重ベアもお洒落に

自分が生まれたときの体重と同じにするだけでは少々物足りないので、多少お洒落に体重ベアをデコレーションするのも良いかと思います。体重ベアを売っているウェディンググッズ専門店では、生まれたときの重さを正確に計った上で設計するのでデコレーション分の重さも計算に入れなければ本当の意味での体重ベアとはなりません。体重ベアに刺繍する生年月日、名前、血液型などはお腹か足の裏であることが多いので、掲載している部分が見えなくなるような別途の衣装等は避けておきましょう。デコレーションとして良く使うリボンにオリジナルメッセージを入れるサービスを行っているところもあるので、注文の際には是非聞いてみましょう。ちなみに、体重ベアにかかる費用は大体15000〜19000円程度です。予算に余裕があるのなら是非利用してみてください。

いろいろ使える体重ベア

結婚式とは少し離れますが、結婚後夫婦の間に生まれた赤ちゃんと同じ体重を量った体重ベアを家族・親族に送り届けるサービスを行っているテディベア専門が多数あります。結婚式最後に両親にプレゼントする体重ベアと同じく、生まれた赤ちゃんと同じ体重にして遠方の親族に贈ることで実際の重さを肌で感じることができる、というものです。出産の内祝いの品として贈るケースが多く、贈られた側も「これくらいの重さの赤ちゃんが生れたのか」と体感できる優れたギフトです。内祝いとして贈られる意外にも、出産祝いとして家族・親族から贈られることもあるので、赤ちゃんが生れた親戚がいる方はこの機会に体重ベアをギフトとして贈ってあげてはいかかでしょうか。内祝いとして体重ベアを贈る場合、のしと命名札を添えて贈るのが基本で、体重を体感できる+皆へのお披露目も同時に行える一石二鳥なギフトとなっています。

check


土地付き太陽光発電物件